【終了】赤石鯖夏祭り in 2018


たいへんお待たせ致しました! ギリギリの告知でございますが、第7回赤石鯖夏祭りを開催致します!
どなたでも参加できますので、この機会に是非鯖の雰囲気を感じ取って頂ければ幸いです。

はじめて赤石鯖に入る方は入塾規則をご理解いただいてからこのページの右側にある「管理」から→登録をクリックし、必要な情報を登録していただくとホワイトリストに自動登録されます。なお現時点でのサーバーのバージョンは1.12.2です。

当日に限らず赤石鯖に関した放送は大歓迎です。
ニコ生配信者はタグに「赤石鯖」を、Twitterはハッシュタグに「#赤石鯖」を付けてツイートしていただいける方々の投稿をお待ちしております!

なお祭り後、当ページのフォーラムでスクリーンショットを募集します。
特に良い物はトップページのスライダーに掲載いたします。
(投稿するにはログインしておく必要があります)

開催日時

2018年9月24日(月・祝)

プログラム

18:00 ~ 自由時間
18:30 ~ 地下迷路(先生視点)
19:20 ~ ===10分休憩===
19:30 ~ 浴衣美人コンテスト
20:20 ~ ===10分休憩===
20:30 ~ 盆?踊り
20:40 ~ 花火
20:50 ~ 地下闘技場
22:20 ~ 撤収作業

催し物の利用方法と、おたのしみゲームについて

今年も趣向が変わりました。なんと今年の重要アイテムは”フグ“!
フグを金券に交換して、ゲームを遊んでスコアを稼ごう!

フグの獲得方法は2つ

  • 金魚すくいで無料貸出しの釣り竿でフグを釣る(水辺ならどこでもOK)
  • 村の奥にあるお寺のお墓でお化け退治をした際のドロップ品

そうして稼いだフグを

この先の

船着き場そばの赤い装飾が映える交換所で

金券に交換して下さい。

※交換時、ゆっくりと作業して頂けますよう御願いします。(仕様の関係上)
※複数交換する場合は各枚数に応じた(1・4・8・16)窓口で交換御願いします。
  例:8枚交換の場合、1枚窓口で8回 or 4枚窓口2回 or 8枚窓口1回

なお隣の青い装飾の交換所では一部のアイテムが金券で交換可能です。

その金券でスコアアタックが出来るゲームに挑戦できます。各スコアは各々のゲーム中に見る事が出来ます。

  • エンパ投げ:エンダーパールを8個交換し、的(くぼみ)にプレイヤーが入るゲーム
    くぼみに1回入るまで投げたパールの数に応じて得点が変化します。少ないほど高得点!(減算方式)
  • 雪玉投げ :雪玉を8個交換し、的(額縁)に当てて落とすゲーム
    10秒以内に多く的を落として下さい。投げきれなかった雪玉は繰り越して使えます。(加算方式)

スコア自体はお祭りが終わるまで蓄積されますが、その得点に応じて景品がもらえます。もらえる景品はお墓で有効活用できるでしょう。

※弓を持ち込むとプレイヤーインベントリから削除され、無くなってしまいます

「お墓でお化け狩り」について

お化け(モンスター)討伐エリアです。
場所は夏祭り会場の鳥居型ゲートを出て直ぐ左方向、事務所船着き場側を真っ直ぐ道なりに進んでトンネルを通った先にお寺があります。建物の中のベッドで寝ると位置セーブできます。その先がお墓です。
お墓のどこかにある地下迷宮はリニューアルしています。

団扇は武器、法被は防具となっています。
戦闘を重ねフグを金券に交換し、一寸だけ性能の良い団扇・法被に交換したり、広場のゲームでスコアを稼いでより高性能のものを手に入れよう!

※弓を持ち込むとプレイヤーインベントリから削除され、無くなってしまいます
※過去に夏祭りに参加した方は、元から所有の団扇・法被を使って頂いてもかまいません。

浴衣美人コンテスト

恒例の浴衣美人コンテストでは自慢の浴衣美人な感じのスキン(プレイヤーの性別問いません)で参加頂ける方を募集しております。
時間になりましたらご案内いたします。

開催期間中の注意

  • 当日、特に放送中の赤石鯖はログインが混雑する事も予想されます。ログインが集中しますと内部のレスポンスが著しく低下、最悪サーバーが落ちることも考えられるのでログインは前もって行っていただくよう負荷分散にご協力ください。
  • 人数上限に達するとログインすることはできません。ログインできないからと何回もログインをくりかえすのはおやめください。
  • 運営より指示があった場合、速やかに従っていただくようご協力ください。
  • 一部の施設に入場しようとすると弓が消失します。弓はチェストに収納してからプレイしていただくようお願いします。なお消失させた弓に対しての補償はありません。
  • 会場以外の脇道や道では無い所などに進まれると、迷ったり、運営の必要な設備があるため、柵などを越えて遠くにいくのはご遠慮ください。

赤石鯖夏祭りは実行委員および赤石塾生徒によって支えられています
TEAM – AS SUMMER FES 2018